Jazz Cafe CHIGUSA – ジャズ喫茶ちぐさ

Jazz Cafe CHIGUSA - ジャズ喫茶ちぐさ
Jazz Cafe CHIGUSA – ジャズ喫茶ちぐさ

横浜の夜、、

EMILYが歌わせてもらっている繁華街の「野毛」にあるピアノバーリヨンのお隣、歴史あるお店、創業昭和8年(1933年)現存する最古のジャズ喫茶「ちぐさ」に行ってみました!

以前、こちらのスタッフの方々がEMILYのステージを観にきてくださって、機会を作って行ってみたいな、と思っていたので、今回は楽しみに来ました。

私が このジャズ喫茶「ちぐさ」を知ったのは、ジャズ喫茶「ちぐさ」主催の若手ミュージシャン応援企画のジャズコンテスト『ちぐさ賞』で鹿児島出身のシンガー仲間の「和田明」さんが優勝した時のこと。

私自身、なかなか横浜のジャズシーンまで行きついていなかったのですが、コンテストがある横浜=ジャズが盛り上がっている街、という認識でいました。

それから、東京でのライブ活動が主だったので、繋がるまでに時間がかかりましたが、ピアノバーリヨンのピアニスト兼オーナーの津田さんのお陰で、ご縁を繋げていただきました♪

昭和初期の日本ジャズ黎明期にジャズ喫茶という日本独特の文化が始まった頃、創業者 当時20歳の吉田衛さんによって開業されました。
横浜大空襲で、店舗と6,000 枚ものレコード(SP)を焼失してしまいますが、兵役を終えて復員した吉田衛さんは1948年に千数百枚のレコード(SP)を集め、ちぐさを再開。
日本のジャズ界のレジェンドたちが若かりし頃、横浜の米軍クラブで演奏するかたわら、秋吉敏子さん、渡辺貞夫さん、日野皓正さんらは、「ちぐさ」で米国直輸入レコードでジャズを聴いて勉強したんだそうです。

店内には、ビックリするほど大きな機材が!!
このお店独自に作られたオーディオ機器らしく、マニアには たまらない代物だそうな。。

大きいけれど優しくまろやかな音に包まれる空間は、他では味わえない贅沢そのものです。

しかも、ジャズ喫茶「ちぐさ」は建物建て替えにより、4月10日に一旦閉店ということで、この場所を味わうには今しかないんです!!

皆さん、ジャズの歴史を感じに、絶対訪れてみてください!!

Jazz Cafe CHIGUSA – ジャズ喫茶ちぐさ

1933(昭和8)年創業、現存する日本最古のジャズ喫茶です。
創業者である故吉田衛氏のジャズ愛好を有志が継ぐ由緒あるお店です。

営業時間について

ジャズ喫茶ちぐさ/JAZZ CAFE CHIGUSA [12:00~18:00]

昔ながらのジャズ喫茶を踏襲したいと思う昼の「ちぐさタイム」
リクエストがあれば、好きなアルバムの片面がかかります。

アナログバーちぐさ/ANALOG BAR CHIGUSA [18:00~22:00]*日曜日は20時まで

夕方からはお酒を楽しみながら音楽に浸る「アナログバーちぐさ(バータイム)」(リクエストは申し出で制)
特別メニューにラム酒やコーヒーなどなどあるそうです。

また、月に数回、各種ライブやスペシャル企画が開催されます。

※コロナ蔓延防止措置により、営業時間は直接お店にお問い合わせいただけると確実だと思います。

エミリーも、お店が閉店するまでに絶対にもう一度訪れたいと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。