EMILY 鹿児島ジャズフェスティバル出演決定!!

EMILY 鹿児島ジャズフェスティバル出演決定!!
EMILY 鹿児島ジャズフェスティバル出演決定!!

オンライン生配信は☟でご覧頂けます!!

9/12 (Sat) KAGOSHIMA JAZZ FESTIVAL 2020 LIVE STREAM 【5:00 pm – 9:00 pm】

☝[リマインダーを設定] をクリックすると、配信が始まる直前に通知を受け取ることができます♪♬

TSUNAGARU(かごジャズでつながる)出演詳細

鹿児島ジャズフェスティバル2020にEMILYが出演することが決定しました!

何度もオファーを頂いていたのに、なかなかタイミングが合わずでしたが、やっと実現^^☆

しかも、今年の鹿児島ジャズフェスはいつもと違う!?

コロナ禍での開催ということで、完全生配信のイベントとなっています。

鹿児島の会場と東京の会場、それぞれからステージを配信。

しかも、私が出演するステージは、

TSUNAGARU(かごジャズでつながる)ステージということで

EMILYは鹿児島会場から、
そして、トリオが東京会場から、
遠隔セッション生配信!と言う、挑戦的・冒険的なライブ!!

そんな素晴らしい機会に、私も冒険しようじゃないか!!!と今からドキドキしているところです。

“TSUNAGARU 遠隔セッション”メンバー

初めましてのギタリスト 松原慶史さん

ギタリスト 松原慶史さん
ギタリスト 松原慶史さん
松原慶史 (ギター)さんのプロフィール
1985年生まれ。静岡県三島市出身。 3歳  鈴木メソードでバイオリンを習い始める。 5歳  日本武道館でバイオリンを弾く(笑) 9歳  バイオリンやめる。 12歳 初めてのアコギを買う。Fコードで挫折。 14歳 地域振興券で初めてのエレキギターを買う。Fコードが弾けるようになる。 17歳 オーストラリアへ1年留学。(この時はギター弾いてない) 18歳 高3の夏、新堀ギターで初めてギターのレッスンを受ける。 19歳 ノースアラバマ州立大学へ入学(初めてギャラを貰って演奏する) 20歳 ノーステキサス州立大学へ転学(学費が一番安いジャズの名門だったので) 日本大学付属三島高校を卒業後、渡米。2006年よりノーステキサス州立大学でジャズギターを専攻。 奨学金を得ながら優秀な成績で中退(笑)在学中、テキサス州ダラスを中心に演奏活動を展開。 アメリカ各地のジャズクラブ、フェスティバルに出演。 Taylor Eigsti, Ambrose Akinmusire, Jason Thomas(R.H Factor, Snarky Puppy)らと共演 Fred Hamilton, Jonathan Kreisberg, Gilad Hekselman, Lage Lund, Miles Okazaki, Ambrose Akinmusire, 布川俊樹に師事。 2011年に帰国。現在はオリジナル曲を演奏するクインテット、スタンダードを中心に取り上げる松原慶史Standard Trioを中心に、 サイドマンとしては森紀明ラージアンサンブル、佐藤恭子リトルオーケストラ、古木佳佑カルテット、寺井雄一グループ、 高橋ゲタ夫 Crystana’s Voyage、橋爪亮督TRIO STANDARD SIDE、西川彩織グループ、などに参加している。 ボーカルやピアノとのDUOでの演奏も多い。エレキギターをメインにナイロン弦ギターも演奏する。 ボーカルとのDUOでは口笛でのソロも披露することもあるが、なぜかギターよりも口笛を褒められることの方が多い(笑) 2016年8月Jazz Life×Gclub Tokyo presents Jazz Guitar Contest supported by Gibson(ギブソンジャズギターコンテスト) にて最優秀賞を受賞。 2016年9月 横浜のジャズコンテスト「ちぐさ賞」決勝戦に和田明(Vo) のサポートとしてDUOで出演。見事ちぐさ賞受賞!!、、、をサポートしただけ。 2016年9月 「Kigoshi Custom Guitars」とエンドースメント契約を結ぶ。(テレキャスターシンライン) 2016年11月 全曲完全ソロギターでの映像作品「松原慶史 solo guitar on P.D and more」をUSB動画アルバムという新たな形でVirtuosoレーベルからリリース。 2017年2月 「Ryosuke Kobayashi Guitars」とエンドースメント契約を結ぶ。(ナイロン弦ギター) 2018年10月 1stアルバム「Angel`s Share」をリリース(Elec Record) 2019年10月 荻原亮(g)との全編アコースティックギターDUOによるスタンダード曲集 【ACCOUSTIC SESSIONS ~ Players and Luthiers~】をリリース(Knot Record)
公式サイト https://yoshifumimatsubara.com/

久しぶりの共演ベーシスト 楠井五月さん

ベーシスト 楠井五月さん
ベーシスト 楠井五月さん
楠井五月(ベース)さんのプロフィール
1985年5月16日 北海道旭川市生まれ 幼少期にエレクトーン、中学からエレキベースを演奏し、法政大学ジャズスタディクラブに入部後ポールチェンバースに憧れコントラバスを弾き始める。 井上陽介氏に師事し、在学中よりプロとして演奏活動を開始。 ジャズの伝統に根差した強靭なスウィングビートでバンドサウンドを固める。 2011年より辛島文雄(Piano)トリオ,クインテットに加入し二ヶ月に渡る全国ツアーに参加。 他には岡崎好朗(Trumpet),奥平真吾(Drums),谷口英治(Clarinet),TOKU(Vocal,Flugelhorn)各氏のバンドや他多数のセッションで活動中。 Vladimir Shafranov(Piano)を始めとして海外ミュージシャンの来日公演のサポートも数多く務める。 また、自身のバンド「ピアノトリオG」などのリーダーとしての活動も精力的に行っている。
公式サイト https://note.com/satsuki_on_bass

ドラムは、我ら鹿児島の星!福森康さん

ドラマー 福森康さん
ドラマー 福森康さん
福森康(ドラム)さんのプロフィール
1985年生まれ鹿児島県出身。
15歳でドラムを始め上京、日本人離れしたプレイは唯一無二とされJazzやR&B等のブラックミュージックシーンで評価を受ける。
ナオトインティライミ、福原美穂、⻘山テルマ、中⻄圭三、杉山清貴など日本を代表するアーティストに重宝され多くのツアーやレコーディングに参加。
そんなドラマーとしての認知が高まった2019年、突如ソロアルバム「DOVAN」をリリース。
自身初に加えて、ドラマーのソロアルバムとしては珍しいボーカルアルバムな事が、出身地の九州やファ ン、ミュージシャンの間で話題となる。
2020年、生まれ育った九州への愛を込めた2nd ALBUM「TEGE」をリリース。方言のみで歌う、まるで洋楽のような楽曲や、鹿児島に伝わる⺠謡をレゲエアレンジするなどした作品で、九州を代表するアーティストになるべく活動中!
Facebook https://www.facebook.com/yasushi.fukumori

EMILY

ボーカル EMILY
ボーカル EMILY

同年代メンバーという組み合わせ♪

都会的で若さ溢れるフレッシュレモンのように爽やかさと、鹿児島ならではの温泉ティックで硫黄の香り漂う癒しを届けられるような、そんな不思議な化学反応で、皆さんを音楽の世界に誘います。

どうぞ!!お楽しみに〜〜〜♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です